日本の農業に
「エナジー」を。Energee to Agriculture

「ダサい」「きつい」「儲からない」
日本の農業のそんな
イメージ・現状を払拭する。
農業は「食べる」を支える
カッコイイ職業だ。
農業をもっと魅力的に。

ー アグリ事業を通じて永続的発展的幸せ社会の創造 ー

株式会社 栄農人

安心して食べるためには、
安定した営みが必要だと
私たちは考えています。

自然と闘いながら、おいしい野菜を手間ひまかけて育むこと。
細心の注意を払って、安全な果物を提供すること。
つくり、育てることにかけた時間は、品質として必ず反映されます。

しかし、天候や社会状況、品質のバラツキなどにより経営環境が安定しないと、
つくるための労力や資金も安定しないというのが現状です。

私たち、栄農人(エナジー)の役割は、
こうした悪循環を改善し、生産者がつくることに専念できる環境を整えることです。

経営が安定すれば、つくることをずっと続けられる。
次の世代が参加し、バトンを渡していける。
日本の“食”の未来が見えてくる。

取り組み

自分たちでつくって、
自分たちで販売する。

源流主義

自社生産があるからこそ、安定的な出荷が可能になる。

自社営業があるからこそ、安定価格での販売が可能になる。

基本は、「自社でつくって」「自社で売る」。

作り手(売り手)にも、買い手にも、安心・安定を。

日本の農業
トータルプロデュースEnergee to Agriculture

トータルプロデュース

流通経路Distribution

生産から販売までの
一貫した体制により、
農産物をおいしいうちに
お届けします。

弊社農産物

営農人の流通経路

一般農産物

一般農産物の流通経路

生産事業
ネットワーク

全国各地に自社生産農場、大規模な生産農家を獲得

栄農人×生産者Energeex Farmer

毎年、毎年、青果物を
継続して買い取ること。
私たちと生産者の方々
との約束です。

私たちと生産者の方々が“つながる”こと。
それは、私たちが青果物を継続して購入し、小売店や飲食店、加工を行う企業、
さらには直売所を通して一般消費者へ届けるまでを行うことを意味します。
まさに“生産”に専念できるシステムが、ここから動き始めるのです。

01

生産者「品質選定」

弊社があらかじめ定めた基準に沿い、青果物を品質選定。

02

生産者「出荷準備」

あらかじめ規格が定められたパッケージを用意し青果物を詰める。

03

弊社「買い取り」

青果物をあらかじめ設定した価格で買い取り。

04

弊社「販売提供」

スーパーや飲食店、加工企業、消費者へ。